MENU

頭皮トラブルはどんな年代・性別に多いの?

近年、頭皮ケアの重要性を聞く機会が多くなりました。
実は近年、頭皮の不快なトラブルを抱えている方が多く、それを解消するために頭皮ケアの知識が一般的に広まってきたと言われています。

 

頭皮のトラブルは赤ちゃんの時から大人まで、どの世代でも起こりうる問題です。

 

また、初期の症状の内に適切なケアや治療を行わないと後々までトラブルを抱えることになりかねませんので軽く見ることは出来ません。
大きなトラブルに繋がらない為にも、頭皮ケアは常に行っておいた方が良いのです。

 

頭皮トラブルが多い年代・性別

近年の傾向から、特に頭皮トラブルが多くなる世代があることが分かって来ました。
どの世代・年齢のトラブルが多いのでしょうか?

 

頭皮トラブルが発生しやすい年代は20代・30代・40代・50代です。
男女別にすると男性はどの世代でも、女性は20〜40代が最も多いようです。

 

頭皮トラブルの症状

頭皮のトラブルとして考えられる症状は

  • 乾燥による痒み・フケ
  • 皮脂の過剰分泌によるベタつき
  • 頭皮のニオイ
  • 薄毛
  • 髪の毛のハリ・ツヤ・コシが無くなる

などが挙げられます。

 

これらの症状は、頭皮の汚れ・乾燥・皮脂の過剰分泌・加齢・血行不良などが原因で起こるとされています。
また、ストレスや食生活などによっても頭皮環境が大きく変化するとも言われています。

 

ここで、頭皮環境に問題を抱える年齢をもう一度見てみましょう。
男性・女性ともに、働き盛りや子育て中などストレスや食生活に気を配れない年代が多いことが分かります。

 

つまり、頭皮のトラブルとこれらの要因が大きな関係を持っていると言えるのではないでしょうか。

 

頭皮ケアを積極的に取り入れましょう

頭皮トラブルの方は頭皮ケアをしっかりと!

 

頭皮クレンジングなどの頭皮ケアは、これらの年代の方に是非使って頂きたいケア用品です。
実際にはまだ男性・女性のごく一部の方(主に30〜40代)にしか浸透していない頭皮ケアですが、積極的に頭皮ケアを行うことで頭皮のトラブルで悩む方が減っていくと思います。

 

生活環境が頭皮環境にも影響すること、適切なケアを行うことで頭皮トラブルが改善出来るということを知ってトラブルを起こさない頭皮を目指しましょう。

頭皮トラブルはどんなのがあるの?

人間の肌は外部からの刺激によって変質することがあり、様々な症状が表れます。
頭皮は他の皮膚よりも症状が表れやすく、深刻な症状が出ることも多いので、前もって頭皮トラブルの種類を把握しておくことで、症状を早めに抑えることが大切です。

 

頭皮トラブルにはどんな種類があるのでしょうか。

 

頭皮ニキビ

 

頭皮にあわないシャンプーを使ったときなどに起きる炎症で、思い切り頭を書いたりすると、頭皮に爪の傷が残ってしまいます。
そこから雑菌が進入して現れるのが頭皮ニキビで、顔に出来るニキビと違って髪の毛に隠れてしまうことが多いため、出来た後も見つからないことがあります。

 

そのため髪を洗っている最中に爪で引っかいてしまって、雑菌が増えて化膿するなど、完治するまでに長い時間がかかることがあります。

 

紅斑

 

頭皮が赤くなると頭皮湿疹と診断されることが多いですが、同様に頭皮が赤くなる頭皮トラブルに紅斑があります。
こちらは頭皮の下にある毛細血管が広がって大きくなることで、中の血液が透けて赤く見えるようになります。

 

痛みやかゆみといった症状はなく、自然と消えることも多いのですが、症状が長期化すると化膿や痛みを引き起こすこともあるので、頭皮を清潔にするなどのケアが必要です。

 

頭皮のかさぶた

 

頭皮トラブルが起きたときの症状は、主にかゆみと痛みといわれていますが、頭皮がかゆくてかきむしったときによくできるのが頭皮のかさぶたです。
普通のかさぶたと同じく、頭皮のかさぶたも爪で傷ついた頭皮が治りかけている状態なので、出来る限りそのままの状態を保って傷が完治するのを待つ必要があります。

 

このときかさぶたを剥がしてしまうと、かゆみが増したり臭いが出ることが多いので、必要以上に手を触れないようにしましょう。

 

 

頭皮のトラブルは色々ありますが、その大半は頭皮に与えられる何らかの刺激が原因です。
肌質にあわないシャンプーだったり、強い紫外線だったりと、原因は人それぞれで異なりますが、どれも原因を遠ざけさえすればきちんと治療できるので、頭皮トラブルが起きたときは、まず何が原因か探ることからはじめましょう。